芸能系

KEIKO 現在の病状(症状)・高次脳機能障害をわかりやすく解説! 子供の様に戻ってしまう悲しい状況に小室哲哉は耐え切れず…

小室哲哉さんの引退会見でKEIKOさんの現在の病状(症状)についても触れられていましたね。
会見で出てきた『高次脳機能障害(こうじのうきのうしょうがい)』ということがピンとこない人もいると思うのでわかりやすく解説いたします。
KEIKOさんが子供の様になってしまい介護疲れに耐え切れなったのでしょう…。

スポンサーリンク

KEIKOのプロフィール

小室哲哉さんの引退会見がありましたが、登場人物全員が不幸になってるってどういうことだよ…。
と思ったりしています。

看護師として働いてきましたが、脳に障害を受けた後の本人と家族は悲しいくらい悲しいです。
日本語がちょっとおかしいですが、ただただ悲しいんです。

とちょっと話がそれましたが、
KEIKOさんの現在の病状などをご紹介していく前にまずはKEIKOさんの経歴やプロフィールを振り返っていきましょう。

本名:小室桂子(こむろ けいこ)

生年月日:1972年8月18日

年齢:45歳(2018年1月現在)

出身:大分県臼杵市

学歴:大分県立臼杵商業高等学校卒業

夫:小室哲哉(こむろ てつや)
  2002年11月22日に婚姻

職業:ミュージシャン
   (globeのボーカル:現在が活動休止中)

事務所:エイベックス・ヴァンガード

音楽活動:高校在学中に文化祭のためにバンド『パリンセス・パリンセス』を結成しボーカルを担当。
     K-C-Oでソロ活動を行っていた時期もあった。

現状:2011年10月24日に後頸部の激痛を訴え倒れ、都内の救急病院に搬送され『くも膜下出血』と診断。
   5時間に及ぶ手術の末、一命を取り留め現在は療養中。

以上が簡単なKEIKOさんのプロフィールです。

くも膜下出血と診断されるまでは本当に花形の人で、あこがれた人もとても多かったと思います。
それでも命を取り留めて生きてくれているだけでもありがたいですが。

現在は夫の小室哲哉さんが一人で介護生活を送っていたようで、
そこに耐え切れなくなった形で今回の文春砲が炸裂した形ですね。

介護生活が想像を絶するという件は後半で触れさせていただきますが、
そのキッカケとなっているKEIKOさんの後遺症『高次脳機能障害』についてわかりやすく解説させていただきます。

また、KEIKOさんの整形疑惑や鼻の違和感について検証した記事も準備しているのでぜひこちらもどうぞ!

スポンサーリンク

KEIKOの現在の病状(症状)、高次脳機能障害とは…!?

まずみなさんが聞き慣れないであろう症状『高次脳機能障害』の定義をご紹介します。

「高次脳機能障害」とは、頭部外傷、脳血管障害等による脳の損傷の後遺症として、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害が生じ、これに起因して、日常生活・社会生活への適応が困難となる障害のことです。

引用元:社会福祉法人 名古屋市総合リハビリテーション事業団

こちらが定義となっています。

記憶障害や注意障害はなんとなくわかりますかね。

記憶障害とは受傷以降の記憶などが保たれず健忘してしまう症状です。

注意障害とは集中力が低下して『注意しておくこと』ができない症状です。

遂行機能障害とも似てくるのですが、
一つの事に集中することができず遂行しきることが困難な状況になります。

なので小室さんは『子どもの様』と例えたのかもしれませんね。

社会的行動障害とは感情コントロールが上手く行かなかったり、意欲の低下、反社会的行動(犯罪など)を取ってしまうことです。
一般的に社会不適合者と言われるような行動を取ってしまいます。

くも膜下出血で一命を取り留め、身体的には健康かもしれませんが脳に上記のような症状が残ってしまうことを『高次脳機能障害』と言っています。

ある意味、とても残酷な現実ですよね。

目の前にいる最愛の人が、自分の事を認識してくれない。
今までの素敵な思い出も思い出してくれない。
夜通し語り合うこともできない。
自分の名前すら呼んでくれない。
大好きだった音楽に一切興味を持たない。

目に映るKEIKOさんは今までのKEIKOさんと変わらないんです。
でも中身はまるで別人…。

そんな病気を起こすのがくも膜下出血などの脳血管疾患と呼ばれるものです。
その介護の日々は小室哲哉さんを確実に蝕んでいたことと思います。

想像を絶する介護についてもご紹介していきます。

高次脳機能障害の恐ろしさは現在だけではないんです。
その今後の恐ろしさについてまとめた記事も書いたのでそちらも是非ご覧になってください。

小室哲哉の介護疲労は想像を絶する日常

先ほどもご紹介しましたが、KEIKOさんは高次脳機能障害を抱えています。

症状も前述したとおりですので、なかなか会話もままならない人の世話をしているイメージです。

子どもなら将来的に成長し理解してくれるという『期間限定』ですが、脳機能障害となってくると話は別です。

いつまでこの状態は続くのだろう…
現在の医療ではどうしてもこの症状を改善することは難しい…
今までどれだけお金を稼いできても何の役にも立たない…

というより、最愛の人を失った。
とすら小室さんは思っていそうです。

そんな状況で独りで介護を長年継続してきたわけです。

いろいろと引退会見を見て私自身思うことがありまして。。。

KEIKOさんは見た目は今までと変わらないKEIKOさんだと思います。
ですが高次脳機能障害を受けたKEIKOさんは中身はまるで別人のようです。

”もしも”です。

KEIKOさんが交通事故で顔面がぐちゃぐちゃになって整形をして別人になったとして、
小室哲哉さんはKEIKOさんを見捨てるでしょうか…

答えはきっとNOです。

KEIKOさんという人物を愛していたと思うからです。

ですが、
中身がまるで別人になってしまったら…

見た目はどうでもいいんです。KEIKOさんであれば。

これを小室哲哉さんの立場になって考えてみると、正直、耐えられる気がしません。

別の女性に頼ってしまったというのは擁護されるべきことではないかもしれません。
ですが、叩かれるべき案件でもないと思うんです。

だってつらくないですか?
もしも自分が最愛の人を失ったとしたら。

あの会見での異様な雰囲気、感じ取りましたか?

小室さんが帯びていた雰囲気。
哀愁漂い希望の光が見えず八方ふさがりでどうしようもなかったと言わんばかりの表情。

あの姿を見せられてもなお杓子定規で
『不倫は悪だ!だから小室哲哉には人間の血が通ってない!叩かれて当たり前!』
と批判している人の気心が知れません。

まとめ

いろいろとKEIKOさんと小室さんの介護生活について書かせていただきましたが、みなさん感じ取ることは様々です。

いつもであれば不倫は悪。と私も思っていました。

ですが、今回の不倫騒動はそんな気、まったく起らなかったです。

みなさんはどう感じましたか?
なにかこの記事を読んで思うことがあればぜひコメントをしてください。

いろいろお話しませんか?

関連記事

スポンサーリンク

関連記事

  1. 芸能系

    内田恭子 息子の小学校はどこ!? 青山でなく慶応幼稚舎!? 旦那学歴が関係か!?

    フリーアナウンサーとして活躍している内田恭子さんがテレビ復帰してきまし…

  2. スポーツ系

    谷口彰悟&泉里香の目撃情報! 泉里香に負けず劣らず谷口彰悟のボディ画像!笑

    サッカー元日本代表でJリーグ川崎フロンターレの谷口彰悟選手とモデル・グ…

  3. 医療系

    滝川英治 脊椎損傷で弱虫ペダル撮影中断! 後遺症や下半身不随などあり得るのか!?

    滝川英治さんが弱虫ペダルの撮影中に脊椎損傷を負ってしまったと話題になっ…

  4. 芸能系

    才賀紀左衛門の浮気相手は寿るいだけじゃない! ホステス狂いの日常を調査! フライデーされた画像も!

    あびる優の旦那さん・才賀紀左衛門さんの浮気相手が寿るいさんだと判明しま…

  5. 芸能系

    高木美保 夫の中国人とはロマンチックな出会い! 逮捕されたと飛び火事件で炎上!笑

    インテリタレントで何かと話題になる高木美保さんですが、夫の中国人と…

  6. 芸能系

    松島花 髪型(ボブなど)アレンジ集! インスタで美ボディの秘訣大公開! 最愛のパパへの愛情表現が素敵…

    松島花さんが最近とても話題になっていますが、モデルと言うこともあり髪型…

コメント

    • ぽにゃ
    • 2018年 1月 22日

    同感です。
    このような私たちの声が届かない、大にして言えない、もしくは、叩かれる世の中、生きにくいです、、、

      • nurseman
      • 2018年 1月 22日

      やはりそうですよね。
      テレビや週刊誌はインパクトがあって世間が注目すればそれでいい、としか思っていないでしょうしね…

      ですがどんなに届かなくても諦めることなく言い続けないと何も変わらないので、言い続けましょう。

    • だんしゃりこ
    • 2018年 1月 23日

    初めまして 私も同感です!
    最初このニュースを見た時は、またいつものゲス不倫か…ぐらいしか思わなかったのですが。
    決してトーク上手とは言えない小室さんが、自分の言葉で真摯に話されていた様子に涙が出そうでした。
    私の母もレビー小体型認知症という実際はアルツの次に多いと言われる脳障害で、認知以外にもパーキソニズム出現の為施設に入所しています。病気になる前は私よりしっかりしていて多趣味だった母が、今ではまさに別人格となってしまい…正直会うのも辛い程です。目の前に存在するのは紛れもなく母本人に違いないのに…まともな会話が出来ない母と接する度に心が折れそうになります。
    やはり人は、外見や肉体機能よりもメンタルな部分で繋がっていないと如何に脆いか…
    小室さんも、もしKEIKOさんが身体の麻痺だけであれば、あそこまで心身を蝕まれる事は無かったと思います。
    頭さえクリアであれば、ボイスレッスンを積んで車椅子でステージに上がる事だって出来た筈。
    私も母には、米糠サプリや高濃度グルタチオンに水素水etc.藁にもすがる思いで試しましたが、非情にも進行するばかりです。
    対高齢者ですら身内としては辛いのに、未だお若い配偶者が…しかも自身も病で気弱になっているところへ曲作りのプレッシャーまでかかってきたら、身近な医療関係の方に依存したくなるのは当然ですよね。
    長文乱文、大変失礼しましたm(__)m

  1. この記事へのトラックバックはありません。




最近の記事

アーカイブ

  1. 芸能系

    シャーロットケイトフォックスの現在&美人画像! 大河『いだてん』ではど…
  2. 芸能系

    久保板観 死因は脳出血! 映画看板師の作品がレトロで懐かしすぎる… 絵師から看板…
  3. スポーツ系

    ACLとは!? サッカー素人にもわかりやすく解説! 浦和レッズが制覇したACLの…
  4. 芸能系

    小柳ルミ子 ぬれ場画像は当時30歳だった! アカデミー賞の裏に壮絶な覚悟が…
  5. 芸能系

    才賀紀左衛門の浮気相手は寿るいだけじゃない! ホステス狂いの日常を調査! フライ…
PAGE TOP