富士市荒川化学工業 工場爆発火災の原因は松ヤニ!? 画像&動画から被害状況まとめ! 出火場所はどこなのか!?

静岡県富士市にある荒川化学工業の富士工場が爆発し出火している様です。
その爆発の原因となったものは松ヤニではないかと言われているのでそちらをご紹介していきます!
また、画像や動画から被害状況や出火場所についてまとめてみました。近隣の方は注意してください。

スポンサーリンク

静岡県富士市 荒川化学工業で工場爆発&火災…

大規模火災のニュースが舞い込んできましたね。

ここまで大規模の火災は近年ではアスクルの千葉にあった工場の火災が記憶に新しいですが、どのくらいの規模の火災なのでしょうか。

1日午前8時半ごろ、静岡県富士市厚原の荒川化学工業から「黒煙が出ている」と通行人などから複数の通報がありました。工場では火災に伴い爆発も起きていて、現在、消防による消火活動が続いています。

引用元:TBS NEWS

今日から12月に入ったということで心機一転、2017年の残り1ヶ月を頑張ろうと決意していた人も居るであろう中で悲惨な事件ですね。

そして、大規模な火災であることから富士市はこのような対応を取っているようです。

富士市役所では、工場火災によって有害物質が出る危険性もあるとして、工場から半径100メートル圏内の近隣住民に避難指示を出しました。

引用元:TBS NEWS

近隣にお住まいの方は十分に気をつけてください。

避難が面倒かもしれませんが、命には代えられません。
どうが火災が落ち着くまで避難場所で過ごすようによろしくおねがい致します。

そして、気になるのは出火原因ですよね。
いろいろと荒川化学工業という会社を調べていて分かったことがあるのでそちらもご紹介していきます!

スポンサーリンク

工場爆発&火災の原因は松ヤニなどの工業製品!?

気になるのは、「なぜ出火してここまでの大規模火災になっているのか!?」ということですが、

会社名に「化学工業」という文言が入っている事からしてもちょっと危険なニオイはしてきますよね。

で、実際にどのようなものを作っているのか調べたところ、
『松ヤニ』など原材料として『製紙用薬品、合成樹脂類等の製造を行う化学メーカー』ということが判明しました。

松ヤニや合成樹脂の可燃性について調べたところ、このような特徴を見つけました。

松脂はロジンとテレビン油を主な成分とする樹脂である。これは可燃性で点火すると燃え続ける。プラスチックなども加熱し続けると燃えるが、その燃焼の性能は高い。同様に松脂も点火するとしっかりと燃えるいい火になる。

引用元:suvtech

サバイバルについてまとめているサイトなのですが、
サバイバル道具として紹介されるくらいなので素人でも簡単に火をおこせると言うことなのでしょう。

であれば、
なにかキッカケとなる物があればこのくらいの規模の火災になる事は十分に考えられますね。

まだ消防や警察から正式な出火原因について発表はありませんが、工場で取り扱っている製品を考えても可能性は十分にあると考えられますね。

そして、
このくらいの規模の火災であれば気になるのは火の手がどのくらいまで迫っているのか?
どのくらいの炎で黒煙が立ち上っているのかということですが、そちらについてもまとめてみました!

画像や動画から現在の被害状況まとめ!場所はどこなのか?

まずこちらをご覧ください!

消防のサイレント共に立ち上っている黒煙が見えますね。
近隣住民が撮影したと思われるのですが、本当に真っ黒な煙ですね。

こちらも近隣住民の投稿ですが、
消防の消火活動を撮影されたものになります。

まだまだ火の勢いが強そうなので太刀打ちするのは難しいかもしれませんが、
不要なところへの飛び火は回避できそうですね。

そしてこの火災が起っている場所の住所はこちらになります。
『静岡県富士市厚原366−1』

地図はこちらをご覧ください!

まとめ

まだまだ止まらない火の手ですが、続報が入り次第すぐに更新させて頂きます!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です