ジェンキンス 死因は心臓病か!? 腹部に手術痕が残っている理由&死去原因を考察&検証!

話題のネタ

北朝鮮拉致被害者のジェンキンスさんが死去されましたね…
拉致されたままではなく曽我ひとみさんと再会できた状態だったのは不幸中の幸いだったのかもしれません。
死因は心臓病や腹部の手術痕などが話題になっているので考察していきます。

スポンサーリンク

ジェンキンスさん死去…

北朝鮮拉致被害者の曽我ひとみさんの夫、チャールズ・ジェンキンスさんが77歳でお亡くなりになったと報道されています。

本当に信じられませんが、事実なのでしょう…。

ご冥福をお祈り致します。

まずはどのように報道されているのかご紹介します。

新潟県佐渡市在住で、北朝鮮による拉致被害者の曽我ひとみさん(58)の夫、チャールズ・ジェンキンスさんが11日、亡くなった。

77歳だった。佐渡市や支援団体の「曽我さん母娘を救う会」の関係者によると、同市内で倒れ、病院で死亡が確認されたという。

引用元:読売新聞

各報道が同じ内容で報じているので飛ばし記事ではないでしょう。

ジェンキンスさんは佐渡歴史伝説感の土産店で働くなどして観光客に人気だったようです。

そして北朝鮮での生活を証言して、タイ人女性も拉致被害に遭っていたなどを明らかにするなど北朝鮮の行いを明かしてくれていました。

不幸中の幸いは妻である曽我ひとみさんと晩年を過ごすことができたことでしょうか。

そして気になるのは、
ジェンキンスさんの死因はなんなのか!?ということですね。

まだ確定情報は入ってきていないのですが、過去の情報や噂から検証してみます。

スポンサーリンク

死因は心臓病?腹部の手術痕の噂…

ジェンキンスさんの死因についていろいろと情報が飛び交っていますが、手に入った情報をまとめて行きます。

前には心臓が・・・って言っていたように思ったのですが、腹部っていうと・・・???

引用元:yahoo知恵袋

ジェンキンスさんの病気って何?腹部の手術って?
引用元:yahoo知恵袋

拉致被害者の曽我ひとみさん(45)の夫ジェンキンスさん(64)の病状について、入院先の東京女子医大病院(東京都新宿区)の東間紘院長らが23日、記者会見し、「入院時は疲労感が強い状態だったものの、現在は全般的に体調は回復しつつある。再手術の必要はない」と述べた。病名については「プライバシーにかかわるので公表は控えたい」とした。

 ジェンキンスさんは4月に北朝鮮で前立腺の手術を受けた際、医師から深刻な病名を示唆されたという。しかし、東京女子医大病院での検査では、「(手術跡の)一部にうみが出ていることが認められたが、深刻な病状の可能性は極めて低いことが分かった」という。

引用元:asahi.com

以上がネットで流れている噂と過去の報道です。

以上を勘案すると、
心臓病というのは噂の域を出ておらず、前立腺の手術をしていたということですね。

腹部の手術痕というのは日本にやってきたときに都内の大学病院で行った前立腺の手術のことでしょう。

女子医大の医師によると、深刻な病状の可能性は低いとのことですが、膿みはあったようですね。

北朝鮮で生活していれば、生活水準は低いでしょうし体に異常を来すのは無理もないのかもしれません。

それにしても、心臓病という噂はどこから来たのでしょうか?
なにも情報が無いときに心臓病という噂が立つとは考えにくいのですが…

一つ考えられるのは、
日本で手術をした東京女子医科大学病院という病院は『心臓血管外科』に名医がいて全国的に有名な病院です。

なのでその事実を知っている人が、
『女子医大に入院したということは、心臓病かも!』と早とちりしたのかもしれません…

続報が入り次第更新させて頂きますね!

まとめ

ジェンキンスさんの死去報道、驚くばかりです。

高齢であったことはみなさんご存じだと思うのですが、このような報道は寝耳に水ですね…

天国では自由に笑って過ごして居て欲しいですね!

ご冥福をお祈り致します。

スポンサーリンク

コメント