葛西紀明 髪型の違和感はカツラだから!? 五輪で悪条件でも結果を残せる秘訣は精神面の成長にあった!

オリンピック

葛西紀明さんの髪型に違和感を持つ人が多くいる様です。というのもカツラ疑惑が出ているからの様ですが…。
髪型の変化など若い頃との比較を交えてその疑惑を払拭していきたいと思います!
オリンピックなどで悪条件でも結果を出せる秘訣はバンクーバーでの精神面の成長にあったようです。

スポンサーリンク

葛西紀明のプロフィール

平昌五輪がついに開幕ですね!!
先陣を切るのは男子ノーマルヒルの選手達です!

その中でもやはり一番の注目はレジェンド葛西選手でしょう!!
調べていくうちに、髪型に違和感を覚えている人がなかなかたくさん居たのでその検証などをしていきたいと思います!

ということでまずは葛西紀明選手のプロフィールについてまとめて行きたいと思います!!


引用元:芸能レジスタンス

本名:葛西紀明(かさい のりあき)
生年月日:1972年6月6日
年齢:45歳
出身:北海道上川郡下川町
身長:177cm
最終学歴:東海大四高校
所属:土屋ホーム(選手兼監督)
使用メーカー:フィッシャー
最高記録:240.5m(フライングヒル)
歴代出場オリンピック:アルベールビル、リレハンメル、長野、ソルトレイクシティ、トリノ、バンクーバー、ソチ 合計7大会連続出場
主な記録:オリンピック最多出場回数、歴代最年長W杯優勝(2014年、42歳当時)

以上が葛西紀明さんの簡単なプロフィールになります!

オリンピックに7回出場していて、今回の平昌五輪で8回目の出場になる予定です…!
とんでもない人です。まさにレジェンド!!!

7回オリンピックに出るということは世界レベルの実力を28年間はキープしているということですからね。

1回オリンピックに出場することすら叶わない選手の方が多いというのに、この実力と才能、努力の結晶は素晴らしいですね!!

引退後も日本のスキージャンプを牽引していってくれる事でしょう。

世界にも顔が広いでしょうし、獅子奮迅の活躍間違いなしです!

アスリートとしては疑いようのない実力を見せてくれている葛西さんですが、髪型には疑いがかかっている様です…w
髪型に違和感を覚えている人が多くいると言うことで、カツラ疑惑を検証していきます!

スポンサーリンク

髪型に違和感を覚える…!?カツラ疑惑を検証!

ネットで葛西紀明さんを検索するとこの様なキーワードが出てきます。

『葛西紀明 髪型』

めちゃくちゃ失礼ですねw

ということでどういう意味で検索されているのか分かりませんが、おそらく、
・髪型の変遷
・カツラ疑惑
の2つ位しかないと思うのでどちらもご紹介していきます!!

髪型の変遷をまとめました!

ということで、葛西紀明さんがオリンピックに出場しているアルベールビル五輪から現在まで4年ごとの髪型の変遷をまとめました!

【アルベールビル五輪(1992年)の頃】

引用元:朝日新聞デジタル

【リレハンメル五輪(1994年)の頃】

引用元:朝日新聞デジタル

【長野五輪(1998年)の頃】

引用元:おっさんの情報追っかけサイト

【ソルトレイクシティ五輪(2002年)の頃】

引用元:朝日新聞デジタル

【トリノ五輪(2006年)の頃】

引用元:おっさんの情報追っかけサイト

【バンクーバー五輪(2010年)の頃】

引用元:朝日新聞デジタル

【ソチ五輪(2014年)の頃】

引用元:朝日新聞デジタル

【平昌五輪(2018年)の頃】

引用元:スポーツ報知

【番外編】

引用元:日々思うこと

どうでしょうか!?
バンドで隠れている写真もありますが、この様な変遷をたどって現在の葛西さんの髪型に落ち着いている様です!

髪型の違和感はカツラだから…!?

違和感を覚えいている人もいるようですが、先ほどご紹介した髪型の変遷を見ていただくと分かると思います。

『いつも生え際や髪の量は変わってない!』と。

どうやら薄毛対策のCMに出演していたことからこの様な噂が立っている様ですが、過去の画像をみてもなかなかおでこは広めです。

今は長髪にしておでこを出しているので目立っていると思いますが、根本的な部分は変わっていないので、カツラなどの着用はないと思われます!!

この様に私生活まで注目される葛西さんですが、ここまで注目されるのには理由があります。
それというのも、『抜群の安定感』を持ってジャンプ競技をしていることです!!

アスリートという性質上、波があったり成績は上下するのが普通ですが葛西さんは28年以上を通じて世界トップレベルの実力を発揮しています。

その秘訣は精神面の成長にあったようなのでそちらをご紹介します!

オリンピックで悪条件でも結果を残せる秘訣は精神面の成長!

ジャンプは特に風の影響を強く受ける競技だと思います。
ですが、2014年11月に行われたクリンゲンタール(ドイツ)で行われたW杯で参加者中、最弱の風だったにもかかわらず6位入賞を果たしています。

その時のインタビューに強さの秘訣があったのでご紹介します!

若い頃なら「本当に風に当たらない」とこぼして不貞腐れていたような条件。それでも結果を残せたのは、’10年のバンクーバー五輪頃からどんな条件でも受け入れるようになり始めていた精神面の成長が、ソチの銀メダルでより加速したからだろう。

このルカのジャンプ台は’02年にフォーム改良に手を付けた直後に、150m超えのジャンプをして「これならいける」と確信を持った台。その経験も翌29日の第3戦には活きた。強めの向かい風でも恐怖を感じることなく突っ込み、ヒルサイズを3m超える145mの大ジャンプでトップに立った。そして2本目は全選手中最弱の向かい風という悪条件にも関わらず、131.5mを飛び、シモン・アマン(スイス)と同点で42歳5カ月での優勝を果たしたのだ。

引用元:Number WEB

ふてくされることなくその条件・環境を受け入れてその中で
「どのようにしたら最高の結果がだせるのか」
ということだけにフォーカスして取り組んだ結果でしょうか!?

スポーツはメンタルが重要と言われますが、このように精神面の成長をキッカケに成績が伸びることもあるんですね!!

当然若い頃より身体面での能力は落ちてきていると思いますが、それを補うべくメンタル面での成長をすることで世界を相手に戦えるということですね!!

私も見習って精神的に安定してふてくされることなく活動していきます!!

まとめ

いろいろと葛西紀明選手についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか!?
ここまで第一線で活躍されるにはそれ相応の努力の結果ということが分かったので運任せでなく自分自身ちゃんと実力を付けようと思いました!!

オリンピックの話題で最近は持ちきりですので、他にもオリンピックについて特集しているのでそちらの記事もどうぞ!!

[clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/24/hujisawasatuki-kirai/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/23/hujisawasatuki-pakuboyonn/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/23/hujisawasatuki-kawaii/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/15/hujisawasatuki-dabako-boya/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/19/pasyu-to-josi-sekaikiroku/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/20/takagimiho-kawaii-kesyou/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/04/kodairanao-siin/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/04/kodairanao-hutomomo-gazou/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/14/kodairanao-tokuisyumoku/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/18/kodairanao-500m-jikobesuto/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/05/watabeakito-eigo/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/06/pyonntyann-masukotto-namae/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/06/pyonntyann-medarusuu/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/08/kasainoriaki-kamigata/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/08/kasainoriaki-yome-hosutesu/”] [clink url=”https://code-yellow.xyz/2018/02/20/sumiyosimiyako-siiinn/”]

スポンサーリンク

コメント