渋谷すばる 緊急会見動画&全文アリ! 海外拠点はアメリカなど英語圏の国や場所・地域が有力か…!?

話題のネタ

ジャニーズの関ジャニ∞(エイト)に所属している渋谷すばる(しぶたにすばる)さんが年内に事務所を退社すると発表されましたね。
緊急会見の動画や音声を見つけてきたのでご紹介します。また動画等をお聞きになれない方の為に全文も用意致しましたのでどうぞご覧ください。
また、海外に拠点を移して音楽を学ぶとのことですがどうやらアメリカやオランダなど英語圏が有力なようです。

スポンサーリンク

渋谷すばる 緊急会見動画&全文はコチラ!

こちらの動画が渋谷すばるさんが会見をしたときの動画になります。
YouTubeにアップロードされているものなので削除される可能性があるのでご了承ください。

そしてこちらが会見内容全文になります。

私、渋谷すばるからお伝えさせて頂きたいことがございます。この度、ジャニーズ事務所を辞めさせて頂く決断を致しました。15歳の時にジャニーズに入れて頂いてから、21年間、音楽を追求してきました。関ジャニ∞として活動をさせて頂く中で、自分の音楽というものを軸にグループを少しでも大きくしていけるようにという思いで活動してきたつもりです。

 36歳という年齢を迎え、『人生の半分』と考えた時に、今まではジャニーズ事務所、関ジャニ∞というグループにありがたくも守られ、支えられ、時には甘えさせても頂きました。この先は、今までの環境ではなく、全て自分自身の責任で今後の人生を音楽で全うするべく、海外で音楽を学び、今後、さらに自分の音楽とうものを深く追究していきたいと思いました。

 この決断により、一番近くで活動を共にしてきたメンバーに大変な迷惑をかけてしまうことを、本当に申し訳なく思っております。ジャニーズ事務所の方々、関ジャニ∞に関わって下さっている頂いた全ての方々に、多大な迷惑をおかけしてしまうことを大変申し訳なく思っております。関ジャニ∞を応援して下さっている方々を悲しませ、ガッカリさせたり、驚かせてしまったりと、様々な思いにさせてしまうことを、本当に申し訳なく思っております。

 メンバーと何度も話し合いました。その度に自分を見つめ直し、考え直しました。ですが、自分の意思が変わることはありませんでした。自分勝手な決断で申し訳ありません。今まで育てて頂いたジャニーズ事務所、関ジャニ∞、今まで関わらせて頂いた全ての方々、応援して下さっている全ての方々への感謝を忘れず、今後の人生を歩んでいきます。まだまだ未熟者であり、この先の厳しさも感じております。今後の音楽人生で、示していけるよう精進致します。

引用元:スポーツ報知

スポンサーリンク

渋谷すばるの海外拠点はアメリカやオランダなど英語圏が有力か…!?

そして話題になっているのは会見でも本人が話していたように活動拠点を海外に移すということです。

どこの国になるのかは会見でも話されていなかったのでいろいろと憶測が飛び交っていますが、私は個人的にアメリカやオランダなどの英語が通じる国が有力かなと思います。

というのも、2015年に既に海外で単独ライブを行っているからなんです。

その場所がオランダ・ロッテルダムなんです。

今回調べて初めて知りましたが、こちらが当時の記事になります。

関ジャニ∞の渋谷すばるが、現地時間22日、オランダで開催中の第44回ロッテルダム国際映画祭に山下敦弘監督と共に参加した。同映画祭のスペクトラム部門には渋谷の単独初主演映画『味園ユニバース』が出品されており、渋谷は公式上映と舞台あいさつに参加。さらに、単独ライブでは観客を総立ちにさせるなど、海外映画祭初参加とは思えない堂々としたパフォーマンスで会場を盛り上げた。

(中略)

舞台あいさつでは英語のスピーチを披露した渋谷。MCに初の単独主演について尋ねられると、「そうですね……でもグループはグループで楽しいことをやっていますし、一人では今回のようにいろんな表現ができるので、とても良い経験をさせてもらったと思っています」と一人での活動を振り返った。

引用元:シネマトゥデイ

自身が主演した映画の映画祭に登場し単独ライブと英語でのスピーチを披露したんですね。

英語の勉強をしてきたということですし、音楽の本場はやはりアメリカやイギリスなどの英語圏です。

それに今回単独ライブで手応えを感じたであろうオランダも活動拠点としては有力になってきますね。

今後退所が近づくにつれて活動拠点の場所なども発表されると思いますので、いろいろ思考を巡らせながら予想していきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いきなり速報が入ってきたのでびっくりしましたが、メンバーとはしっかり話し合いを複数回持ってからの退所なんですね。

村上さんなどの男気に感動しましたが私たちも今後の渋谷すばるさんを応援していきましょう!

スポンサーリンク

コメント