東京すぱいす酒場 火事&出火原因は店内のデザインにあった!? 消防法は守られていたのか考察! 渋谷センター街火災の場所を特定!

事件系

渋谷センター街で火事&火災があったのですが、場所が特定されてきましたね。
どうやら店名は『東京すぱいす酒場』というらしいです。
そして出火原因は店内のデザインにありそうだということが調べていくうちに分かったのでご紹介します。

スポンサーリンク

渋谷センター街で火事&火災発生…逃げ遅れた人も2名…

大晦日の今日に限ってこんな悲惨な火事が起るなんて…
しかも逃げ遅れた人の情報もあるようです。

まずはどのように報道されているのか内容をご紹介します。

31日午後1時半ごろ、東京・渋谷区のセンター街にある4階建てのビルから火が出て、延焼中です。ビルの中から1人が運び出されたということで、東京消防庁などが確認を急いでいます。

 2階部分から激しく炎を上げる雑居ビル。黒煙がビルを包み込んでいます。31日午後1時半ごろ、渋谷区宇田川町のセンター街にある4階建てのビルから火が出ました。

 「赤い火が出て、看板がどんどん崩れ始めたり、黒い煙が出てきて」(目撃した人)
 「すごい煙と放水だったんですけど、向こうのスクランブル交差点の方まで焦げ臭いにおいがきてたので」(目撃した人)

 東京消防庁のヘリコプターやポンプ車などが出動し、消火活動が続けられていますが、これまでに、ビルの2階から4階までの90平方メートルなど、あわせて3棟が焼けたということです。また、ビルの中から1人が運び出されたということで、東京消防庁などが確認を急いでいます。現場は渋谷駅から400メートルほど離れたビルが立ち並ぶ繁華街です。

引用元:TBS ニュース

どうやら火事で逃げ遅れ情報があった2名のうち1人は救助されている様です。
このままもう一人も救助されて欲しいです。

幸いなことに近くに渋谷消防があるのではしご車やポンプ車などがすぐに駆けつけられるので早く救助と消火にあたってください…

後半では出火元と見られている『東京すぱいす酒場』の出火原因などについて考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

出火元は『東京すぱいす酒場』で原因は店内のデザインにあった!?

まだ正式に出火原因などについて報道はありませんが、いろいろ調べていくうちに
『店内のデザイン』が出火を勢いづけたのかなと思います。

どういうことかというとこの画像をみていただければ分かると思います。


引用元:ホットペッパー

どうでしょうか?
店内は防炎加工がされているのか分かりませんが木材が多く使用されています。

おそらくですがこのような雑居ビルに入っている居酒屋などは防炎の木材をテーブルなどには使っていないと思うんです。
(あくまですいそくですが)

天井や柱など主要構造には防炎のものを使っていると思うのですが…


引用元:ホットペッパー

こちらが天井付近の画像のようですが、木材だけで無く雰囲気をだすために枯れ葉のような燃えやすいモノも使っていたようですね…

消防法は守られていたのか考察…

こちらのテナントやビルは消防法が守られていたのか…ということですが、
この動画を見る限り自動火災報知設備の警報音は鳴っていませんよね。

ビル全体のの面積が小さそうなので自動火災報知設備の設置義務は無いのかもしれませんが、(ビルの建築資料が無いのでなんともいえないですが)

延面積が500m2以上でないと設置義務が無いのと、このテナントは2階なので避難階ではありません。

なので、テナントのフロアだけで100m2があれば部分的に設置義務が必要なのですが、100m2あったようには思えませんね。

ということで自動火災報知設備の設置義務は無かったように思えるのですが、
もしも設置されているのであればこのように警報音が鳴動していないのは問題です。

しかももし配線が火事によって焼き切られていたとしても、
予備バッテリーを積むことが消防法で決められているので最低でも60分の警戒、10分の鳴動を継続していないといけないことになります。

今後の消防の発表を待つしか出火原因などは分からないのですが、消防法が守られていたということを望みます。

まとめ

いろいろとセンター街の東京すぱいす酒場についてまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか?

とにかく一刻でも早く取り残された人が無事に救助されることを祈ります。

スポンサーリンク

関連記事

[clink url=”https://code-yellow.xyz/2017/12/31/sibuyasennta-gai/”]

コメント